インターネットを使った仕事が有利な理由|アフィリエイト

これからの時代にインターネットを使った仕事が有利な理由をまとめたので参考にしてください。

小さな資本で始められる

インターネットで仕事を始めるために最低限必要なものはパソコンとインターネット環境くらいで、情報発信をするためのブログは無料のブログを利用することもできます。

その後、独自ドメインやサーバーレンタルのための費用がかかるとしても年間で2万円くらいしかかかりません。

リアルな店舗を開店させるとなると毎月の家賃だけでも、結構な金額になり初期投資も100万円以上のお金はかかってきますから、インターネットを使った仕事はかなり小さな資本で始められると言えます。

在庫を抱える必要がない

インターネットで収益を得る仕組みのほとんどは実際にサービスや商品を売っている広告主さんの商品をお客様に紹介し、お客さんがサービスや商品を購入した代金の一部を照会料としてもらいますので在庫は一切発生しません。

リアルな店舗の営業だと在庫の賞味期限があったり、売れ残りなどのリスクを抱える必要がありますのでこの点においてもかなりリスクが低い仕事と言えます。

利益率が高い

インターネットを使った仕事の特徴として在庫を抱える必要がないということのほかに、仕入れがありませんのでこれまでに説明した最低限必要な費用以外に出費がかなり少ないです。
出費が極端に少ないのに、紹介する案件の報酬は1件で1万円というものも少なくありません。
利益率という点ではインターネットを使った仕事以上に高いものはほとんどないと思います。

毎月の定期的な収入が確保できる

収益化の仕組みを作ってしまえば、安定的に毎月収入が入ってくるようになります。
その他インターネットを使った仕事の大きな強みは最初の仕組みづくりを乗り越えれば作業がどんどん少なくなっていくというところも魅力の一つです。

これら4つの条件というのはホリエモンこと堀江貴文さんが「これから稼げる仕事の条件」としてあげているものです。

その他に以下のメリットも考えられます。

仕事場をえらばない

インターネットを使って仕事のことを別の呼び方でネットビジネスやアフィリエイトと呼ぶこともありますが、これらの仕事をする人のことをアフィリエイターと呼びます。

アフィリエイターの中には海外に移住して仕事をしている人もいますし、時給や賃金が安い国内の離島で活動をしている人もいます。

自然が多く静かな環境で暮らしたい人は地域の平均収入などに左右されることもありますが、インターネットを使って稼ぐのであればこれは解決できます。

つまり、インターネットの環境さえ確保できればどこででも仕事ができるということです。

極端な話、旅行をしていても仕事もできて、収入も確保できることになります。

地震などの天災に強い

東日本大震災などの影響で東京の飲食店は2週間近くにわたって営業ができないお店もたくさんありました。

インターネット上以外のお仕事だと、どうしても物が壊れた、在庫が手に入らないなどの状況で仕事ができなくなるということが起こり得ます。

努力次第で収入の上限がない

会社に勤めていてもある月の給料が20万円でよく月の給料が50万円になるなんてことは滅多にありません。

それ以上の金額にればなおさらで月に100万円以上稼いでいるサラリーマンや公務員は5パーセントにも満たないのです。

誰でも簡単にたくさんの金額が稼げるわけではないですが、努力次第で収入の上限は自分で決めることができます。

税金のことがわかるようになる

これはインターネットを使った仕事に限られませんが、サラリーマンや公務員で税金について学ぶ人はほとんどいません。

なぜなら、サラリーマンや公務員の税金は源泉徴収という形で徴収され税金に関する手続きを自分ですることがないからです。

手続きをする手間が増えるから面倒に感じるかもしれませんが逆なんです。

正しい知識をつけることで税金は合法的に節税することができます。

お金を効率的に増やしていくには税金の知識をつけることは避けられないんです。

まとめ

お金を稼ぐことに焦点を当てて考えてみるとインターネットを使った仕事は他のどの業種よりも効率的な仕事と言えます。

インターネットを使った仕事の可能性に気付くこと自体簡単なことではないと思いますので、勉強する覚悟が持てる方は是非このチャンスを生かしてみてください。

なお、インターネットを使った仕事はアフィリエイトと呼ばれることも多々あります。

聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です